模型を活用した展示会デザイン

商品の種類によっては、その先進的な機構や作用に関する説明するうえで、言葉や文字に付随して様々な工夫が必要になる場合があります。そうすることで新商品のねらいや技術を展示会の訪問者に迅速に容易に理解してもらうことが可能になります。

教えて!gooのサイトの利用が更に広がるものと考えられます。

展示する商品とともに、例えばそれを説明する模型やモデルをデザインして会場に並置することがあります。その模型やモデルは、動いたり、音声による説明をシンクロさせたりすることで、より理解が進みます。



こうした模型は展示企画会社に依頼することで、デザイン、設計、そして制作してもらえます。その際にどういった模型が必要かを詳細にわたって説明し、場合によっては簡単なモデルを作成したりデザインの途上で試作したりするなどの方法をとる場合もあります。

その際に展示会において説明を受ける訪問者は、全く商品に関する情報を持ち合わせていなくても、理解できるようなものである方がよいです。


つまりその模型の動きやかたちの特徴から容易にその商品の先進性や新しさが理解できることが必要となります。

そのために、展示会で模型には別に予算が必要となるでしょうし、何度か試作して耐久性や持ち運びに耐えられるかどうか、場合によっては分解して運ぶことも可能かどうかなどさまざまな問題点を克服したうえで用いるようにします。
会場でもスムーズにその目的を果たしうる模型である必要があります。



場合によっては、こうした模型やモデルは、さまざまなデモンストレーションの機会に活用が可能かもしれません。